研究室紹介

中村

研究室名 中村(崇) 研究室
教員名 中村 崇 講師 (なかむら たかし)
教員研究室(内線) 共1-310(8897)
研究室ホームページ http://sites.google.com/site/labcoral35/

授業科目について

復習してほしい科目などについて

その他

研究室について

研究分野・研究方法

・サンゴ礁保全・修復に向けた生理生態学的研究
・サンゴ共生系への環境ストレス影響研究
・サンゴ白化におけるストレス抑制の可能性追求 など

サンゴにおける水流環境の影響研究へのアプローチとしては室内での実験と野外調査などが可能ですが、室内実験や野外実験の結果により、それぞれ単独ではわかり得なかったことを明らかにすることを重視しています。

卒業研究の具体的テーマ

教員からテーマを与えるのではなく、主に学生自身がこれまでの野外観察などから得た疑問に基づくオリジナルな研究テーマ決定を行うことを奨励しています。

・塊状ハマサンゴにおける魚類によるかじりとりとサンゴ成長との相互関係
・ソフトコーラルとサンゴ(アザミサンゴ:Galaxea fasicularis)の競争関係と相互認識
・サンゴ(パリカメノコキクメイシGoniastrea aspera)におけるGFPの分布パターンと環境

こういう学生に来てほしい

ここ数十年間での環境変化の速度は、現存する生物がこれまで経験したことのないレベルに達していると考えられています。そのような背景のもと、本研究室では、亜熱帯の沖縄を取り囲むサンゴ礁を主なフィールドとして、そこに生息する生物の生きざまをとらえつつ、生き物と環境、人間と自然との関わりについて自ら考え、学んでいきたいという学生を歓迎します。