生物系学生3名が国際的な助成金を獲得

2018年7月3日

このたび、大学院博士後期課程・海洋環境学専攻(生物系)の Giun Yee Soong さん (マレーシア出身, D1)、Maria Eduarda Alves dos Santos さん (ブラジル出身, D3)、博士前期課程・海洋自然科学専攻(生物系)の濱本耕平さん(M1)の3名(いずれも James D. Reimer 研究室)が国際的な助成金を獲得しました.

1. Giun Yee Soong さん
Malacological Society of London Travel Award
For the attendance of the internal morphology of nudibranch training workshop
At California Academy of Sciences, California, US
In September 2018
£297


ウミウシ Goniobranchus tinctorius (Soong さんの研究材料)

2. Maria Eduarda Alves dos Santos さん
2018 Graduate Fellowship Award by the International Society for Reef Studies
Project Title: Sibling zoantharians: Connectivity and associated zooxanthellae
US$2500
To be conducted at Hawai’i Institute of Marine Biology and University of the Ryukyus

Santos さんがスナギンチャク類を採取している写真(上下とも)

3. 濱本耕平さん
Selected to attend Red Sea Summer Program at KAUST
Award: All costs for round trip to KAUST from Okinawa, and all fees while in KAUST covered.
(濱本さんはKAUST[キング・アブドゥッラー科学技術大学,サウジアラビア]にて開催されるサマーインターンシップに応募し、60倍の競争率の後に合格しました。このインターンシップは、紅海の特徴的な環境を対象に、生物学の基礎を学ぶ目的で開催されており、本学からの学生の参加は初めてです。)


サマーインターンシップのポスター