水産系高校の出身者を対象とする推薦入試制度をご紹介します

2017年7月3日

生物系では,高校の水産科および水産に関連する学科を卒業または卒業見込の方を対象とした推薦入試(推薦入試 II)を実施しています。

生物系は,漁業や海洋環境保全への応用も視野に入れた海洋生物の基礎研究(魚介類,サンゴ,藻類など)をテーマとする研究室が充実していますので,高校で学んだことを大いに活かすことができます。実際,水産高校出身の先輩学生たちが学部・大学院の各学年で活躍しています。

水産系の高校で学んだ海の生物が大好きなあなた,琉大生物系を受験してみませんか?

 

推薦入試 II(理学部海洋自然科学科生物系)
[下記は,前年度の情報に基づく平成29年6月時点での予定です。正式な発表,および,出願方法・日程などは,琉球大学入試課ウェブサイトに掲載予定の「平成30年度(2018年度)学生募集要項(特別入試)」のリリースをお待ちください。]

募集人員:1名

出願資格・要件:次の(1)〜(3)又は(4)に該当する者
(1) 高等学校等の水産に関する学科を平成30年3月卒業(修了)見込みの者及び学校教育法施行規則第93条第3項の規定に基づき平成29年度中に高等学校(水産に関する学科)を卒業又は卒業見込みの者。なお,水産高等学校専攻科在学中又は平成30年3月卒業見込みの者も対象とする。
(2) 特に生物学に強い関心と学習意欲を持ち,出身高等学校等の長が責任をもって推薦できる者。なお,学習成績概評がⒶに属する者。
(3) 合格した場合は,入学することを確約できる者。
(4) 本学において,個別の入学資格審査により,上記(1)〜(3)と同等以上であると認められ,入学資格認定書の交付を受けた者で,平成30年3月31日までに18歳に達する者。

入学者選抜の実施教科・科目等:( )内の数字は配点。
[大学入試センター試験(400)]5教科7科目
国(200)
【世B,日B,地理B,現社,倫,政経,倫・政経】から1(100)
数I・数A(必須),【数II・数B,簿・会,情報 (※)】から1(数学2科目合計で200)
【物理,化学,生物,地学】から2(理科2科目合計で200)
【英(リスニングを含む),独,仏,中,韓】から1(200)
以上のセンター試験の合計点(900点満点)に4/9を乗じた得点(400点満点)をセンター試験の得点とする。

(※) 数学の「簿記・会計」「情報関係基礎」で選択解答できる者は,高等学校等でこれらの科目を履修した者及び文部科学大臣の指定を受けた専修学校高等課程の学科の修了(見込み)の者に限る。

[個別学力検査等(400)]
面接(200),調査書(100),志願理由書(100)

総計 800点満点

 

慶良間諸島渡嘉敷島の阿波連沖のサンゴ(写真提供:生物系・中村崇 准教授)