日本のサンゴ礁研究の最前線を紹介する英文書籍「Coral Reef Studies of Japan」が出版されました

2018年3月23日

日本のサンゴ礁研究の最前線を紹介する英文書籍「Coral Reef Studies of Japan」が出版されました。

この本は、理学部生物系のポスドク研究員 本郷宙軌さんらが中心となって、琉球列島のサンゴ礁を中心に「オニヒトデ大発生の歴史」や「サンゴの病気」などについて、最新の知見について様々な視点から(生物学や生態学、遺伝学、化学、地学など)とらえた一冊です。

この本はシリーズで出版されている「Coral Reefs of the World」の一冊で,これまでオーストラリアやアメリカなどのサンゴ礁について出版されており、日本のサンゴ礁を対象とした本が待ち望まれていました。

書誌情報
Coral Reef Studies of Japan
井口 亮・本郷宙軌 (編)
出版社:シュプリンガー・ネイチャー・シンガポール
ISBN:978-981-10-6471-5
出版日:平成30年 3月1日
価格:114.99ユーロ(約15,000円)

目次
1.Introduction for this book –general aspects of coral reefs of Japan and related studies (Iguchi Akira, Hongo Chuki)
2.Dissolved organic matter in coral reefs: distribution, production, and bacterial consumption (Tanaka Yasuaki, Nakajima Ryota)
3.Studies on stress responses of corals in Japan (Higuchi Tomihiko)
4.Coral disease in Japan (Wada Naohisa, Ohdera Aki, Mano Nobuhiro)
5.Ocean acidification studies in coral reefs of Japan (Yamamoto Shoji)
6.Frontiers of coral-based sclerochronological studies in Japan (Sowa Kohki, Tanaka Kentaro)
7.Coral reproduction in Japan (Isomura Naoko, Fukami Hironobu)
8.Population genetics of corals in Japan (Nakajima Yuichi)
9.Distribution expansion and historical population outbreak patterns of crown-of-thorns starfish, Acanthaster planci sensu lato, in Japan from 1912 to 2015 (Yasuda Nina)
10.Studies on mesophotic coral ecosystems in Japan (Sinniger Frederic, Harii Saki)
11.The hydrodynamic impacts of tropical cyclones to coral reefs in Japan: current status and future perspectives (Hongo Chuki)
12.Concluding remarks: Future perspectives on coral reef studies of Japan –from biology, earth science, and conservation and restoration (Iguchi Akira, Hongo Chuki)